役に立つオモシロ医学論文

遊ぶほど若い? 日本人1万人への疫学研究で明らかに

“生きがい”を持つことにもつながる

 生きがいを持つことは健康に良い影響を与えることが知られています。健康的に年を取るためには、適度なレジャー活動を通じて生きがいを感じることも大切かもしれません。レジャー活動にもさまざまなジャンルがありますが、どのようなレジャー活動が、どれくらい健康に良い影響を与えるのかについて、よく分かっていませんでした。

 そんな中、レジャー活動の種類と健康状態の関連を検討した研究論文が、日本疫学会誌の2019年11月5日付に掲載されました。

 この研究では65歳以上の日本人1万9人(平均73・6歳)が対象となりました。被験者に対して、「スポーツ」「ガーデニング」「音楽活動」「創作活動」、「読書」や「書道」などの文化活動、「ゲーム」「観光」「芸術鑑賞」「テレビ観賞」「料理」「ペットの世話」「情報通信技術の使用」「投資」「ギャンブル」への参加状況を調査し、レジャー活動に参加している人としていない人を比較して、自己評価による健康度が優れていると回答した人の割合が検討されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事