上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

研究は進むが…AIを使った診断と治療にはまだ課題が残る

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 AIを使う医療者側の“準備”もまだ十分とはいえないでしょう。たとえば、AIが「この患者にはこの治療が最適である」と回答したとき、それが本当に受け入れられる判断なのかどうか疑問が残ります。先日、テレビ朝日系のドラマ「ドクターX」でもこんな場面がありました。AIがサポートに入った肝臓移植の手術中に血管が損傷して大量出血したことで、AIは「インオペ(手術中止)」を指示します。担当医はそれに従おうとしますが、そこに主人公の大門未知子が入ってきて、見事に手術を成功させる……というお話です。

 こうした患者さんの命がかかっているような極限状態では、どんなに優秀だとしてもAIによる判断は受け入れられないでしょう。

■「最適な回答」をすべて受け入れられるのか

 医師と患者はやはり「人対人」ですから、「AIが治療不可能と判断したから……」となっても、医師も患者も納得できないのは間違いありません。もちろん、われわれは診断や治療で早くAIが使えるようになってほしいと考えています。しかし、それには研究者、技術者、医療者による本格的な話し合いがまだ終わっていないのが現状なのです。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事