歯の疑問 ずばり解決!

歯の根の治療には「ラバーダム」が効果的と聞きましたか…

ラバーダムは感染対策の基本

 ラバーダムは伸縮するラテックスなどの素材でできたシートで、治療する歯のみを露出させ、唾液が治療中の歯にかからないようにする歯科医療器具です。唾液には歯にとって良い成分だけでなく虫歯や歯周病の原因菌も多く含まれているため、特に効果を発揮するのが根管内を清潔にする治療のときです。ほかにも、薬液などの漏洩や治療器具の誤嚥(ごえん)など治療中の偶発事故も防ぐことができるため、さまざまな場面で使われます。

 ラバーダムの印象を調べると、「歯が締め付けられる」「ゴムのにおいがする」「唇が引っ張られる」といったネガティブな意見が目に付きますが、実際の治療中に聞かれるのは「安心感が得られる」という声が最も多い印象です。最初は不快感があるかもしれませんが、僕の治療では感染対策の基本と位置づけ、必要不可欠のものになっています。

 ある患者さんは、以前通院していた医院でラバーダム装着をお願いしたところ、「自費治療の患者さんのみ行います」と断られたそうです。診療報酬をいただいている以上、感染しにくい環境下で治療するのは当然のことだと思うのですが……。

1 / 2 ページ

関連記事