Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

阪神・原口は3b期 大腸がんは錠剤の抗がん剤で再発予防

阪神の原口文仁捕手、オールスターでは豪快ホームラン!(C)日刊ゲンダイ

 米国生まれのダヴィンチは、昨年4月に保険適用に。ロボットで人間より細かい手術ができる最新医療も、保険で安く治療が受けられたのはラッキーだったと思います。

 もうひとつは、抗がん剤の副作用の少なさです。副作用の表れ方は患者さんによって違いますが、「気持ち悪くなるとか、吐き気とかは比較的に僕は出なかった」そうで、それなら順調に抗がん剤治療が進められます。

「4週間飲んで、2週間休む」というように、今は錠剤の経口抗がん剤も普及。それを4サイクル続けます。一般に吐き気や嘔吐、食欲不振、口内炎、下痢などの消化器症状のほか、発疹や疲労感などの副作用が知られていて、自覚症状が表れないものとしては白血球や赤血球、血小板などの減少、肝機能の低下もあります。

 血球や肝機能などの数値は細かくチェックしながら抗がん剤治療を続けて、3月には二軍に合流できたのは、治療が順調だったからこそ。抗がん剤の副作用があれば、とてもプロの練習は続けられませんが、大切なのは、これからです。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事