90歳現役医師 最強の体調管理

若く健康でいるためには「男性ホルモン」を補充するといい

80歳でエベレスト(右)登頂に成功した三浦雄一郎さん(C)共同通信社

 男性医学の父である、熊本悦明医師は今年で90歳。今も現役バリバリで診療や研究を行っている。その元気の源は元気ホルモンであるテストステロン(男性ホルモン)の補充だ。

「私は70歳の時に日本メンズヘルス医学会を設立しました。医学界で活躍している医師らと、自らが生き証人となり、患者さんとともに実証をし、元気に人生を楽しんでいます。現在、私のクリニックには、大手企業の会長や社長など、第一線で活躍されている人たちが口コミで来院されています。きっかけはゴルフの仲間内で『なぜ、そんなに球が飛ぶようになったのか』と話題になり、紹介で来られるケースが多いようです。また、80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんをはじめとした著名人や芸能人、政治家の方たちもテストステロンで元気になっています。元気な人たちの後ろには『テストステロンあり』なんですね」

■分泌量は20代がピーク

1 / 3 ページ

関連記事