進化する糖尿病治療法

「自動血糖測定器」誰でもネットで買えて早期発見に役立つ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 これは、毎年健診を受けているからこそ、早くに糖尿病を発見でき、早くに糖尿病治療に取り掛かれるということ。ひいては、糖尿病が治る率も高くなる。もし健診を受けていなければ、当然ながら血糖値がどのような推移をたどっているかを知らないわけですから、早期発見は難しいでしょう。

 糖尿病治療を受けながら人生100年時代を過ごすのと、そうでないのとでは、生活の質(QOL)がかなり変わってきます。ぜひとも毎年健診を受けてほしい。

 一方で、矛盾するようですが、糖尿病は毎年健診を受けていても、早期発見が難しい面もあります。理由はいくつかあります。

 まず、日本人は空腹時血糖値が高くなりづらい。次に、血糖値は季節によって変動するのですが、健診が一般的に行われるのは春で、この時季は血糖値が比較的低くなりやすい。血糖値が高くなるのは、秋・冬です。さらに、普段は好きに食べて飲んでいるような人でも、健診の前になると生活を改めがち。1週間くらい節制した生活を送れば、血糖値も中性脂肪も低くなります。

2 / 4 ページ

坂本昌也

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事