90歳現役医師 最強の体調管理

テストで判定 50代で“朝立ち”がめったにないのは要注意

写真はイメージ(C)PIXTA

 体調管理のカギを握るのは、元気ホルモンであるテストステロン。この分泌量が下がると、体にさまざまな異変が発生する。

「早速ですが、簡単なテストをしてみましょう。あなたは以下の質問にいくつ当てはまるでしょうか?」

質問① 不規則な生活で寝る時間や食事時間がバラバラだ。
質問② 仕事や人間関係に強いストレスを感じている。
質問③ 体調がすぐれず、気持ちが上がらない。
質問④ 寝つきが悪い。睡眠が浅いと感じる。寝汗をかく。
質問⑤ いきなり不安や寂しさを感じることがある。
質問⑥ ほてり、のぼせ、多汗がある。
質問⑦ 最近、ヒゲの伸びが悪くなった。
質問⑧ 性欲や勃起力が減退したと感じる。
質問⑨ 最近「朝立ち」がめったにない。

「これらのうち2つ以上当てはまったら体が『黄信号』を発していると言っていいでしょう。最初の①と②の質問は、生活状況に関したものですが、不規則な生活やストレスの多い毎日を送っていると、通常は50代くらいから急に減ってくるテストステロンが、30代でも減ってくることがあります。また、②で尋ねた『ストレス』こそ、男性ホルモンの低下の大きな引き金です。③~⑤はメンタルについて。テストステロン低下により睡眠の質が低下することも知られています。⑥⑦はテストステロン欠乏により体に表れる具体的な症状。ヒゲの伸びが遅くなる=テストステロン低下のサインです。⑧⑨は性機能について。50代で『朝立ち』がめったにないのは要注意。テストステロンが低下しています」

1 / 3 ページ

関連記事