ニューヨークからお届けします。

原因はカートリッジ 電子たばこで肺疾患が激増し死者40人

写真はイメージ

 電子たばこが原因とみられる重い肺疾患がアメリカで激増。その原因物質が今回初めて特定され、大きなニュースとなっています。

 この肺疾患は、せき、呼吸困難、胸の痛み、吐き気や嘔吐(おうと)、下痢、発熱などの重い症状を伴うもので、9月に当連載で取り上げた段階での全米の患者数は約200人。初めての死者も出ました。さらにその後も症例は増え続け、11月上旬までに患者数は2051人に達し、死者も40人に及んでいると米疾病対策センター(CDC)が発表しています。CDCでは「電子たばこの何がこのような重篤な肺疾患を引き起こすのか」と原因物質の特定を急いでいました。その過程で、「THC」というマリフアナ成分入りのカートリッジとの因果関係が疑われるようになりました。

 研究者が患者29人の肺組織を調べたところ、そのすべてからビタミンEアセテートが検出されました。また同時に8割以上の患者からもTHCが検出されたため、THC入りの電子たばこカートリッジに添加物として含まれているビタミンEアセテートが原因と分かったわけです。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事