愉快な“病人”たち

術後3日は人生最大の苦痛…Nosukeさん精巣がん語る

Nosukeさん(C)日刊ゲンダイ

 去年11月、検査の後で医師に「びっくりしないでくださいね」と言われた瞬間、「あ、終わったな」と思いました。血液中の腫瘍マーカーが5万5000という異常な数値を示していて、初めは「悪性リンパ腫、血液のがんです」と告げられました。結果的には「精巣がん」だったんですけどね。両方とも同じ腫瘍マーカーに表れるようです。

 発端は、昨年1月ぐらいからの腰痛です。ただ、ドラマーにとって腰痛は職業病のようなものなので、自分もそれだろうと思って整体や鍼でしのいでいました。でも5月に入ると、周りから「日焼けした?」とか「黄疸?」と言われるようになり、気になって病院を受診したんです。尿検査、血液検査、レントゲンを撮った結果、「肝臓は悪いけど黄疸はない。ただ、胃が荒れているので、お酒とたばこは控えて、食生活に気を付けて」との診断でした。

 言われたことを守り、筋トレなども始めました。でも、8月には食欲が減退し、痛みも増加。11月にツアーで全国を回り始めた頃は2時間ごとに目覚めてしまい、眠れないうえに胃の辺りを触るとポッコリ腫れていて、毎日夕方になると高熱が出るようになりました。

1 / 5 ページ

関連記事