専門医が教える パンツの中の秘密

「処女膜」とは何か? 膜輪が伸びて出血しない女性も多い

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 男性には、なぜか「処女信仰」のようなところがあります。思春期を過ぎて初体験を意識し始めると、付き合う女性は「処女(バージン)がいい」と、口に出さなくても思っていた人は多いのではないでしょうか。その理由は、まだ男を知らない「清楚や純粋」のイメージへの憧れ、まだ誰のものになっていない女性を自分のものにする「独占欲」、他の男と「比べられる心配がない」などとさまざまだと思います。

 そして、初めてセックスした相手の女性が処女だったかどうかの根拠として、一般的に男性は「処女膜が破れて出血したから処女だった」と勝手に思い込んでいる人が多いと思います。しかし、それは大きな間違いです。出血がなかったから「処女でない」と残念に思ったことのある男性は、相手の女性に対して大変失礼なことですので、大いに反省してもらいたいものです。

 そもそも処女膜とはどんな物なのか、理解してもらいたいと思います。処女膜といっても、腟の入口に膜が張っていて完全に塞がれているわけではありません。処女膜は、腟の入口にリング状についている粘膜のヒダのことで、正式には「処女膜輪」といいます。ですから中央部は開いていて、そこから月経の血液やおりものが出るようになっています。

1 / 2 ページ

関連記事