愉快な“病人”たち

日本語学者・山口仲美さん がん手術で抱えた“選択の悩み”

山口仲美さん(C)日刊ゲンダイ

 心臓発作や脳梗塞のような緊急を要する病気と違って、「がん」は時間的に少しゆとりがあるでしょう? だから、別の大変さがあります。「命に関わる選択」を自分で次々にしなくちゃいけない。

「大腸がん」が分かったのは2009年でした。その半年以上前から便に血が混じりだして、「痔だわ」と思っていたら、2センチ幅で便に血の帯がべったりつくようになった。「どうしよう」とまごまごしていたら、ちょうど区役所からがん検診のお知らせが来たので、検診を受けた。そしたら、すぐに精密検査が必要という通知が来た。

 私は大病をしたことがなかったので、どの病院にかかればいいのか見当がつかない。どこの病院にかかるか? がん患者のまず最初の選択の悩みです。私は、まず職場(大学)でがんになった同僚に聞きました。「どこの病院にかかりましたか?」と。すると、その同僚は、自分がかかっている病院の主治医に相談してくれた。そして、その主治医が、その病院の大腸がん専門の先生を紹介してくださった。そして、検査の予約も無事とれた。ここまでは、とんとん拍子だったの。

1 / 6 ページ

関連記事