医療情報の正しい読み方

臨床研究では「思い出しやすさ」で結果が歪められる場合も

写真はイメージ(C)PIXTA

 関係を検討するためには比較対照が必須ですが、比較対照があればそれで済むかというと、そんな簡単な問題ではありません。

 前回の「インフルエンザと冷え」の例で、もう一度考えてみましょう。ある日の外来でインフルエンザ患者では50%で冷え体験をし、インフルエンザ以外の患者では25%しか冷え体験がなかったという結果が得られたとしましょう。インフルエンザ患者で冷え体験が2倍だったという結果です。

 しかし、ここには大きな問題があります。インフルエンザにかかった患者さんは、何が悪かったんだろうといろいろ振り返ったりしますから、「何か冷えの体験はありませんか」と聞かれると、そういう体験をよく覚えていて「あります」と答えやすい傾向にあります。

 それに対して、高血圧や糖尿病で通院してきた患者さんに冷え体験を聞いても、そもそも関心がないので、とりあえず「ないです」と答える傾向が強いことが予想されます。そうなるとこの“冷え体験”2倍という結果は、インフルエンザと冷えの関連を示したものではないかもしれないということになります。

1 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事