がんと向き合い生きていく

旦那さんだけ診察室に…妻には内緒で本当の病状を告げられ

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 主婦のGさん(56歳)は下腹部に軽い痛みと腫瘤が触れ、CTやMRIなどの検査で卵巣がんが疑われて手術となりました。担当のS医師は50歳代のベテランの医長で、Gさんには話しやすくその点は安心でした。

 無事に手術は終了して7日後には退院。その10日後、Gさんとその夫のKさんにS医師から説明がありました。S医師によると「病理検査ではやはり卵巣がんでした。ステージは幸い1bと初期のもので他には進んでいません。念のためですが、抗がん剤治療で再発予防を行っておいた方がいいと思います」とのことで、Gさんは納得し、その治療を受けることになりました。

 ところが、Gさんがそばにいないタイミングを見計らい、看護師から夫のKさんに声がかかりました。「旦那さんだけ診察室にお入りください」というのです。

 入室したKさんは、S医師からこう告げられました。

1 / 5 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事