独白 愉快な“病人”たち

退院直後に「プロレスの仕事」が…クロちゃん語る脳動脈瘤

クロちゃん(C)日刊ゲンダイ

■今度こそは親孝行をしたい

 病気から学んだことは健康診断は受けたほうがいいってこと。脳動脈瘤は遺伝も関係しているらしいので、身内に同じ病気の人がいたら一度は検査することをお勧めします。

 それから今回はたまたま運が良かっただけで、一歩間違えれば死んでいたかもしれないと思うから、いろんなことに感謝するようになりました。プロレスをやらされたことを無理やりにでも“優しさ”と思えたのがその証拠です。

 そして、なにより思ったのは親の大切さです。ボク、親孝行していないどころか、いまだに仕送りしてもらったりするんですよ。ほら、よく「子供に手がかかるうちは心配で死ねない」とか言うでしょう? 本気でそう思ってたから親を安心させたくなかったんです。

 今回も東京に泊まり込んで、毎日病院に来てくれて申し訳ないとは思いましたけど、こんなに長く一緒にいられたのは久しぶりだったから、ボクはしっかり子供に戻れました。親にとってもよかったんじゃないかなと思って「よかったでしょ?」って聞いたら、「入院じゃなければね」と言われて、ちょっと反省しました。

4 / 5 ページ

関連記事