専門医が教える パンツの中の秘密

【陰部のおでき】毛包炎は「せつ」になったら受診する

写真はイメージ(C)PIXTA

 パンツで隠れている部分は、赤く腫れたりする“おでき”のような皮膚病変ができやすい部位です。

 たとえば、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包)に炎症が起こる「毛包炎」は全身どこにでもできますが、陰部付近でもよく見られます。

 原因は、主に「黄色ブドウ球菌」や「表皮ブドウ球菌」といった皮膚常在菌の感染です。毛包部に軽い傷がついたり、汗などで湿った状態が長く続いたり、免疫力の低下などが誘因になります。

 毛包炎は毛穴に赤みを帯び、中央に膿をもった盛り上がり(膿疱=のうほう)が見られます。かゆみや痛みはほとんどありません。しかし、悪化して膿疱に硬く触れる「根」をもつようになると「せつ」と呼ばれ、赤く腫れて痛みや圧痛を感じます。

 一般的に「おでき」と呼ばれるのは、せつのことで、顔の鼻の部分にできると俗称「面疔(めんちょう)」と呼ばれます。

1 / 3 ページ

関連記事