愉快な“病人”たち

作家の篠田節子さん ブラジャーのシミで乳がんが発覚して…

篠田節子さん(C)日刊ゲンダイ

 右乳房の再建手術をしてから、ちょうど1年。再建した方と天然の方はさわり心地が全然違います。たとえるなら、本物は大福で偽物はグミ(笑い)。

 還暦すぎで乳房再建なんてあり得ないと初めは思ったのですが、趣味の水泳で補正パッドが水着からすっぽ抜けて水面にプカプカしている光景を想像してしまって。担当医の先生は「するならすぐに整形外科の先生の予定を押さえます」と受話器に手をかけているし。勢いで「お願いします!」って頭を下げていました。結果的には胸元の開いたフォーマルドレスも着られたし、よかったですね。

「乳がん」が分かったのは、2018年2月、ブラジャーの内側に付いたシミがきっかけでした。灰色っぽいシミが乳頭部分にあったので、すぐにネット検索したんです。すると「乳頭から分泌物がある場合、まれにがんの可能性もある」と。

 さっそく病院の乳腺科を受診。問診、触診、マンモグラフィーでは「異常なし」だったものの、エコー検査で1・5センチの塊が発見されました。しこりはなく、症状としては分泌物だけだったので乳腺科のイケメン医師に胸をぎゅうぎゅう絞られ、出た分泌物を検査。その後、針生検で組織を調べたりして「乳がん」と診断されました。ステージ1~2の浸潤がんでした。

1 / 5 ページ

関連記事