手術はなくなる?心臓弁の交換や動脈硬化はカテーテルで治療

 心臓の機能が低下する心不全は「いずれ死ぬ病気」と思われてきた。ところが、「そうではなくなる」というのが「Die革命」(大和書房)の著者で埼玉医科大学客員教授の奥真也医師だ。東大医学部卒業後、同大付属病院22世紀医療センター准教授などを経てビジネス界に転身。製薬、医療機器などの会社で勤務経験を持つ異色の医師はなぜ、そう考えるのか。

1 / 5 ページ

関連記事