骨と筋肉の疑問に答える

半月板損傷は何もしないと変形性膝関節症になる可能性アリ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

【Q】「半月板損傷」と診断されました。将来、「変形性膝関節症」になる可能性はありますか?(元高校球児の38歳男性)

【A】可能性はあります。

 私の患者さんで半月板損傷から変形性膝関節症になった方がおられました。交通事故で半月板を損傷し、手術とリハビリを勧めたのですが、何もしないまま病院に来なくなった50代の男性は、4年後に来院されたときには変形性膝関節症になっていました。

 半月板とは、太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間にある軟骨の板です。関節を安定させて、大腿骨と脛骨の関節面の衝撃を和らげる働きがあります。損傷を受けるのは膝を曲げているときにねじれが加わったときなどです。一般的には膝関節靱帯損傷と合併して生じることが多いといわれています。

 急性期の半月板損傷では痛みと腫脹(炎症などが原因で、体の組織や器官の一部が腫れあがること)が表れます。

1 / 3 ページ

関連記事