専門医が教える パンツの中の秘密

現在も世界で2億人以上が“被害者”に…「女性器切除」の恐怖

女性器切除(FGM)などの有害な行為に反対するマサイ族の少女(ケニア)/(C)ロイター

 世界には「割礼」と呼ばれる風習、儀式があると聞いたことがある人は多いと思います。

 普通は男子の陰茎包皮の一部を切除して亀頭を露出させる手術のことを指し、いわゆる「包茎手術」と同じようなものです。

 イスラム教やユダヤ教は、宗教上の信条から新生児期に割礼を行う伝統があります。キリスト教が約8割を占める米国では、宗教的理由とは関係なく、衛生上の理由などから1990年代までは新生児期に包皮切除手術を行う風習がありました。

 しかし、衛生上の必要性が薄いこともあり、98年に小児科学会から包皮切除を推奨しないガイドラインが提出され、手術を受ける男子は減りました。それでも6割程度は包皮切除手術を受けているとされています。

 一方、女子はどうか。実は、世界ではアフリカを中心に女性器を切除する儀礼を持つ地域があるのです。かつては「女子割礼」と呼ばれましたが、比較的無害な男子の割礼と違って、健康を損なう慣習で、女性の人権を侵害する行為であることから「女性器切除(FGM)」と呼ばれるようになり、世界から批判が集まっています。2012年には国連総会でFGMを禁止する決議が採択されています。

1 / 3 ページ

関連記事