役に立つオモシロ医学論文

職業が性格を反映?スピード違反しやすいのは何科の医師か

米国では、自動車運転行動にはドライバーの職業特性も関係していると考えられている

 米国では、自動車でスピード違反をした場合、人種や年齢、性別など個人的な要因によって、警察官の態度に変化が見られるそうです。また、一般的に自動車の運転行動はドライバーの性格傾向や職業特性が関係していると考えられています。

 医師はさまざまな専門分野を有する職業といえますが、専門分野(診療科)の選択と個人の性格には関連性があると考える人もいるそうです。そんな中、医師の専門分野とスピード違反の関連について検討した研究論文が、英国医師会誌の2019年クリスマス特集号に掲載されました。

 この研究では、04年から17年の間にスピード違反の切符を発行された医師5372人(平均48・9歳、女性16・9%)と医師ではない1万9639人が対象となりました。研究参加者に対して制限速度よりも時速20マイル(約32キロ)を超えるスピード違反、高級車(アウディ、BMW、キャデラック、フェラーリ、ジャガー、レクサスなど)の所有状況、スピード違反切符の免除経験が調査されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事