愉快な“病人”たち

日本海を眺めながら死も考えた…早川史哉さん白血病を語る

早川史哉さん(C)日刊ゲンダイ

 今は4カ月に1度通院して血液検査を受けています。でも、日常生活に制限はなく、サッカー選手として体調管理をしているだけです。睡眠を8時間しっかり取り、バランスの良い食事を取る。今月15日からチームのキャンプトレーニングが始まります。今季はリーグ戦初ゴールが目標です。

 発病したのは4年前。3月に筑波大学を卒業してアルビレックス新潟に加入したのですが、チーム練習には1月10日から合流していました。

 その時のメディカルチェックでは問題なしだったのに、翌2月の終わり頃から疲れやすくなりました。朝、目覚めても体がズンと重く、節々が痛く、熱っぽい。食欲も落ちていきました。

 でも、「風邪かなあ。放っておけば治るだろう」と、チーム指定のドクターに相談したりしませんでした。

 もともと体は丈夫だと自信があって、それまでも風邪をひいても病院には行かず、自然に治していましたから。2月27日が開幕戦だったので、念願のプロデビューを控えての緊張なのかな、と思っていました。

1 / 5 ページ

関連記事