Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

だいたひかるは放射線に25万円 高額療養費を使い尽くすワザ

がん患者の不安解消に一役買っているお笑いタレントのだいたひかるさん(C)日刊ゲンダイ

 がんになって気になるのは治療法もさることながら、医療費も大きいでしょう。そんながん患者の不安解消に一役買っているのが、お笑いタレントのだいたひかるさん(44)のブログです。

 今月14日に「放射線25回分の金額」とのタイトルで、昨年に受けた放射線の医療費を投稿。25回分で25万7420円だったそうです。読者の共感も大きく、「参考になった」「(金額の)目安が分かり安心しました」といったコメントが複数寄せられています。

 だいたさんは2016年1月にステージ2bの乳がんが発覚。その年の2月に右の乳房を全摘したものの、昨年3月に再発したことで、放射線治療を受けたのでしょう。治療法によって医療費は異なりますが、今回はがんの医療費と節約のコツを紹介します。

 乳がんの手術は、入院7日で乳房を温存し、リンパ節切除がないと、総額は75万円ほど。3割負担(以下同)で約23万円。全摘してリンパ節切除があると、およそ100万円で自己負担額は30万円に。温存手術後の放射線は25回の場合、47万~70万円で同14万~21万円。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事