Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

だいたひかるは放射線に25万円 高額療養費を使い尽くすワザ

がん患者の不安解消に一役買っているお笑いタレントのだいたひかるさん(C)日刊ゲンダイ

■長期戦のがん治療で効果テキメン

 決して安くはありませんが、日本には自己負担額をさらに抑える仕組みがあります。ブログでは「高額医療」と書かれていますが、正しくは「高額療養費制度」。健康保険が適用される治療を受けた医療費の月額の上限額を圧縮する制度で、収入区分によって上限額は異なります。

 たとえば、69歳以下で標準報酬月額が28万~50万円なら、「8万100円+(月額医療費-26万7000円)×1%」です。仮に医療費の総額が100万円だとすると、3割負担のままなら30万円ですが、この計算式を使うと、「8万100円+(100万円-26万7000円)×1%」=8万7430円に。元の医療費からみると、8%程度です。

 国民健康保険の人は自治体の窓口に、健保組合の人は組合に申請すると、3割負担分との差額が還付されるのが一般的。そうすると、まず3割分を病院で支払わないといけません。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事