医療情報の正しい読み方

因果関係の基本 観察研究で分かること、言えること

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 症例対照研究とコホート研究は、原因と結果の関係を、交絡因子を調整したうえで検討する研究ということです。具体的には、「冷え」という原因と「インフルエンザにかかる」という結果を、冷え以外のインフルエンザにかかりやすくする因子、かかりにくくさせる因子も調べ、交絡がなくなるように調整して検討した研究です。

 ここで重要なことは、必ず結果より原因のほうが時間的に前に調査されているということです。冷えの調査は、インフルエンザにかかったかどうかより時間的に前で調べる必要があります。

 先日、「入れ歯の手入れが肺炎を予防する」というニュースが流れました。そのもとになる論文をたどってみました。

 その研究は入れ歯の手入れ状況を調査したうえで、過去1年間の肺炎の有無を調査していました。ここでは結果である肺炎が過去にさかのぼって調べられ、原因である入れ歯の手入れが現時点で調べられています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事