医療情報の正しい読み方

因果関係の基本 観察研究で分かること、言えること

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 入れ歯の手入れが原因で肺炎が少なくなるという結果が得たいわけですから、本来であれば肺炎を調査したうえで過去の入れ歯の手入れ状況を調べるというのが、時間的な関係を満たしたやり方です。この研究では、そこが「逆」になっています。この研究から言えることは、「入れ歯を手入れすると肺炎を予防できるということではなくて、肺炎を起こす患者は入れ歯の手入れをしなくなる」ということになります。

 このように原因と結果の調査順序が逆になっているような研究は珍しいですが、原因と結果を同時に調べたという研究は多くあります。この同時に調べた研究というのも症例対照研究やコホート研究と思われがちですが、これは「横断研究」と呼ばれるものです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事