セックスが痛い

30年間つらかった…経験者だからわかる性交痛のこと

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 女性であれば、ほとんどの人が体験している初体験の時の痛み。私はその初体験の時の痛みが48歳まで続いた人でした。パートナーが変わっても、相手の性器のサイズが変わっても、痛みの度合いはさほど変わりません。プライベートな悩みであったため、他人に相談できない。勇気を出しいろんな婦人科に行っても気の持ちよう、そのうち慣れると言われ、帰されることの繰り返し。

 そんな実体験から性交痛に関して興味を持ち始め、性の健康に関連する学会、セミナー、勉強会などで学び始め、かれこれ10年以上になりました。実は私は、12年前から潤滑ゼリーの輸入販売会社を経営しています。しかし、自分が性交痛を持っていることを公表できたのは、ここ数年です。ゼリーの販売は偶然、友人が持ち込んだ企画がきっかけで、私の性交痛とは全く関係なく始めましたが、この仕事を長年していても口に出しづらい悩み。一般女性だったらなおさらでしょう。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事