Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

北別府学ぶさんが告白 成人T細胞白血病は九州・沖縄に偏在

山本政権では投手コーチを務めた北別府学さん(右)/
山本政権では投手コーチを務めた北別府学さん(右)/(C)日刊ゲンダイ

 精密機械といわれた広島のエースを襲ったがん報道には驚きました。野球解説者の北別府学さん(62)は20日、自らのブログで成人T細胞白血病であることを告白。2年前の検査で発覚した時は、「しばらくは何も手が付かない状態」だったそうです。

 それでも仕事を続けながら、毎月の定期検査で経過観察。昨年11月の検診から白血球の数値が上昇し、21日から抗がん剤治療をスタートし、その後は骨髄移植に移る予定のようです。

 前宮城県知事の浅野史郎さん(71)も、2005年に献血をした時の血液検査で同じ病気が発覚。骨髄移植が成功し、今も元気に活躍されています。診断から経過観察していた浅野さんが治療に踏み切ったのは09年、60歳の時でした。北別府さんと2年違いなのは、この病気の特徴の一つを端的に示しています。

 この病気は、HTLV―1というウイルス感染が原因。白血球の中でがん化した成人T細胞白血病(ATL)細胞が無制限に増殖することで発症します。

 感染経路として大きいのが母子感染で、浅野さんの母もHTLV―1感染者だったそうです。ウイルスは母乳に含まれていると考えられていて、母親が感染者だと、20~30%の子供が感染するといわれます。子供への感染を阻止するには、検査でウイルスの有無を確かめ、授乳をやめれば、リスクはほとんどありません。

■ウイルス感染が原因で潜伏期間は50年

 輸血は、血液製剤の検査の厳格化で感染リスクはなくなりました。セックスで感染した後に発症したという報告もありません。

 このウイルスの潜伏期間は30~50年と長く、若い方での発症はまれ。年齢とともに増加し、60歳くらいをピークに減少します。浅野さんと北別府さんが60歳を越えて発症したのは、この病気の特徴に合致するのです。

 感染者は九州や沖縄に多く、北別府さんも鹿児島県出身。このエリアを中心に全国に120万人の感染者がいると推計されますが、発症するのは1万人に6人程度と少ないのです。

 万が一、発症すると、首や脇の下、脚の付け根などのリンパ節が腫れたり、免疫力の低下で風邪や肺炎にかかったり。赤血球や血小板の造血が妨げられると、倦怠感や動悸、鼻血や歯茎からの出血を招いたりします。

 北別府さんは貧血やだるさ、リンパ節の腫れなどがなく、軽い免疫力の低下で済んでいたのでしょう。

 この病気には5つのタイプがあり、進行が遅いタイプなら発症後も経過観察で済むケースもありますが、そうでなければ抗がん剤と骨髄移植に。骨髄の提供者が見つかって、移植がうまくいけば、浅野さんのように治癒が期待できます。北別府さんの復活を望むばかりです。

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事