専門医が教える パンツの中の秘密

アソコのブツブツが気になる…それって病気?生理的変化?

写真はイメージ(C)PIXTA

「先生、アソコに小さなブツブツができています。何か病気でしょうか」と来院される若い女性が少なくありません。「アソコ」とは女性器のことですが、彼女たちがよく気にするのは小陰唇の内側(膣前庭)にほぼ左右対称にできる径1~2ミリほどの多発した乳頭状の突起物です。

 性器にブツブツができる性感染症としては、男女ともにまず「尖圭コンジローマ」を疑わなければいけません。先のとがった小さなイボがたくさんできて、鶏のトサカ状やカリフラワー状に成長する病気です。

 しかし、膣前庭に小さなブツブツができる症状には「膣前庭乳頭腫症」もあります。これは病気や性感染症ではなく、生理的変化による現象です。日本人女性の20~30%に見られるとされます。痛みやかゆみなどの自覚症状はなく、突起物の数や大きさは変わることがあり、放置しておいても問題はありません。

 このような生理的変化による性器のブツブツは男性にも見られます。亀頭の冠状溝(カリの部分)に沿ってできる乳頭状の小さなブツブツです。これは「真珠様陰茎小丘疹」と呼ばれ、日本人男性の約40%に見られるとされています。

1 / 3 ページ

関連記事