Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

長渕剛が母の介護を告白 認知症併発のがんは待機療法も

歌手の長渕剛さん(C)日刊ゲンダイ

 歌手の長渕剛さん(63)というと、男気あふれるライブパフォーマンスで知られます。そんな魂の男がテレビ番組で語った、今は亡き母の介護秘話は、これからの日本の姿を象徴しているかもしれません。

 報道によると「巡恋歌」「順子」などで人気歌手になった1981年、25歳の時に、母(当時53歳)が末期の大腸がんであることが発覚。

 手術で一命を取り留めたものの、3年後に今度は、若年性アルツハイマー型認知症と診断されたそうです。

 認知症の診断から5年後には、母を自宅で介護しようとして、「お風呂で母の陰部まで洗った時に『母ちゃん、ごめん、オレ、無理だ』という気持ちになりました」とつらい思いを吐露。結局、病院に頼ったことで、面倒を見てあげられない自責の念で涙を流したといいます。

 歌手として脂の乗った33歳。長渕さんでなくても、若くして認知症の母を介護するのはショックでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事