Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

仁科亜季子さんは38歳で子宮頸がん発覚 HPVワクチンの現状は?

女優の仁科亜季子さん(C)日刊ゲンダイ

「38歳の時に、もっと早く検診をしておけばと思った」

 今月2日、松山市のホテルでそう語ったのは、女優の仁科亜季子さん(66)です。四国がんセンターなどが開催したがんのセミナーに呼ばれ、4度のがん経験から「元気な明日のために」をテーマに体験談を話したことが、ネットで広がっています。

 最初のがんは38歳。何げなく受けた検診で子宮頚がんが見つかったそうです。

 幼い子供がいてつらかったでしょうが、がんを乗り越え、今も元気に活躍されています。

 子宮頚がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因のほぼ100%。今話題の新型コロナウイルスにはワクチンがありませんが、HPVにはワクチンがあります。HPVワクチン接種でほとんど予防できるのですが、現在の接種率はわずか0・3%と危機的な状況です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事