セックスが痛い

激しいピストン運動や射精はいらない…挿入なし性交の勧め

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 中高年の“セックスの壁”は、主に2つあります。女性の「性交痛」と、男性の「ED」です。

 女性は更年期以降になると、性器の潤い不足から性交痛を感じやすくなります。痛いからセックスしたくない。するとパートナーは「性欲がない」と勘違いする。女性の中には次第に「性欲がなくなった」と思うようになる人もいるでしょう。

 でも、ちょっと考えてみてください。痛みがなければセックスでき、お互いに「性欲がなくなった」なんて結論に至らなくても済むかもしれないのです。残念なのは、「痛いのが嫌なら、セックスレスしかない」と感じてしまうこと。

 ほとんどの場合、女性が痛みを感じるのは挿入に関してです。もし、挿入にこだわらなければ、セックスが可能かもしれない。EDが中高年男性のセックスの壁なら、お互いに挿入なしで気持ちよくなれるセックスを模索するのもひとつの手です。「射精しなければ」と思う男性がいるかもしれません。でも、それが重要なのは生殖目的のセックスです。お互いの喜びのためのセックスには挿入・射精は不可欠ではないのです。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事