愉快な“病人”たち

“全身がん”の高須克弥さん「長生きすればみんながんになる」

高須克弥さん(C)日刊ゲンダイ

「全身がん」というのはお亡くなりになった樹木希林さんが使って広く世間に認知された言葉で、医療用語ではありません。がんが体のあちこちに転移した状態のことで、いい言葉を広めてくれたなと思います。

 僕もずっと前から複数箇所にがんを持っていて、公表もしていたんですよ。でも樹木さんが亡くなってから「僕も全身がんだ」と言ったらみんなが注目してくれるようになりました(笑い)。

 事の始まりは2015年の人間ドックでした。「異常なし」と言われたのですが、検査結果をよく見ると尿検査で「血尿」の反応があったので、「細胞診をしてくれ」と自分でオーダーしたのです。細胞診というのは組織を採取して菌や腫瘍の存在を詳しく調べる検査で、人間ドックのメニューには入っていません。3週間後ぐらいに結果が出てきて「がん細胞がある」とわかりました。

「血尿なんだから尿管系か腎臓か膀胱のどこかだろう」と思って調べたら、その全部からがんが見つかったというわけです。だって尿管がんになったらすぐに腎臓がんになるし、そうなったら膀胱がんにもなっちゃう。しょうがない、つながっているんだから。

1 / 5 ページ

関連記事