上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

幹細胞を吹き付ける「スプレー法」は画期的な治療になる可能性

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 根本的な治療法が確立していない重症心不全の患者さんに対し、新たな治療法の臨床試験が昨年末から行われています。大阪大の心臓血管外科チームが開発した「細胞スプレー法」という治療で、5年後の実用化を目指しています。

 心臓の血管が詰まるなどで心臓の機能が低下する虚血性心筋症からくる重症心不全の治療のひとつとして、血流が悪くなった部分に他の血管をつなげる冠動脈バイパス手術があります。ただし、本来は心筋に分布する毛細血管レベルの血流改善は心筋自体の問題なので、虚血性心筋症では決定的な治療とはいえません。

 今回のスプレー法は、冠動脈バイパス手術を行う際にヒトの脂肪組織から採取した幹細胞を「生体のり」と呼ばれる医薬品の接着剤と混ぜ合わせ、心臓の表面に吹き付けます。幹細胞は血管再生を促すタンパク質を分泌するため、血流を改善させる効果が期待されているのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事