医療情報の正しい読み方

ランダム化に加えてプラセボを使った「盲検化」も重要

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 そうした不正を避けるために、薬を飲まないグループの人にも、見た目が本当の薬と区別がつかないような偽薬を飲ませ、医者にも患者にも本当の薬を飲んでいるかどうかわからないように研究するという方法がとられます。

 この見た目が同じで薬の成分が入っていない薬をプラセボと呼び、どちらの治療が行われているかわからなくすることを、マスキング、ブラインディングとも言います。

 治療効果を確かめるための「人体実験」は、ランダム化で交絡因子を排除し、プラセボによるマスキングで効果の判定がゆがめられないようにして行う必要があるのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事