緊急企画 新型コロナを正しく恐れる

日本で年間9.4万人が死亡「肺炎」とはどういう病気なのか

ダイヤモンド・プリンセス号の周辺で作業する関係者(C)日刊ゲンダイ

 感染予防が困難になる中、新型コロナウイルスで注目すべきは肺炎だろう。どんな病気で、検査はどう行われるのか。弘邦医院の林雅之院長に聞いた。

 2018年の人口動態統計月報年計によると、肺炎は日本人の死因の第5位で9万4654人(全体の死因の6.9%)が亡くなっている。

「肺炎とは細菌やウイルス、カビなどの病原微生物が肺に感染して炎症が起きることを言います。通常は、病原微生物が体内に侵入しても、生体防御機構が働いて、鼻や咽喉などの上気道で食い止め、その先の気管や肺などの下気道への侵入は許しません。ですから感染しても風邪症状程度で抑えられるのです」

 生体防御機構とは、例えば、異物が侵入すると咳を出したり、気道上にびっしり生えた線毛が異物をキャッチしたりして体の外に押し出したりすることなどをいう。

 ところが、糖尿病や心臓病などの病気やステロイドなどの薬の使用、あるいは加齢により、生体防御機能は衰える。その結果、下気道への病原微生物の侵入を許す。高齢者や病気のある人に肺炎が多いのは、このためだ。新型肺炎も、心疾患や糖尿病のある65歳以上の死亡リスクが高いという。通常、肺炎の診断は、発熱や倦怠感、咳や痰などの症状や頻呼吸や頻脈などの身体所見、エックス線やCTによる胸部画像検査、血液検査などにより下される。

1 / 3 ページ

関連記事