ニューヨークからお届けします。

新型コロナは米国でも感染者増 CDCが「顔を触らないで!」

スマホを触った手で顔は触らないように…(写真はイメージ)/(C)PIXTA

 アメリカでも新型コロナウイルスの感染者が増える中で、CDC(米疾病対策センター)が感染予防策として手洗いとともに推奨しているのは、「顔を触らない」こと。全米のメディアも、「目、鼻、口を触る、頬杖をつくといった行為をやめるだけで感染リスクも下がる」と呼びかけています。同時にこれがどれほど難しいかも。

 エレベーターのボタンや壁などに付いた新型コロナウイルスがどれほどの間、生き続けるかはまだはっきりわかっていません。

 インフルエンザウイルスの24時間に比べずっと長く、金属やプラスチックなどの表面では最高72時間という説もあります。それを触った手で目や鼻、口に触ると、感染する確率が高くなるというわけです。

 もちろん手洗いや手指の消毒が効果的なことに間違いはありません。問題は、手を洗った後にドアノブや携帯電話などに触れた瞬間、再び手にウイルスが付くかもしれないこと。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事