Dr.中川 がんサバイバーの知恵

堀ちえみさんもブログに 赤ら顔の人は食道がんリスク95倍

歌手・タレントの堀ちえみさん(C)日刊ゲンダイ

 東大周辺は、桜が咲き始めています。新型コロナウイルス騒動で、今年は花見も自粛になるのでしょうか。下戸の方は、内心、ホッとしているかもしれません。

 舌がんと食道がんを克服されたタレントの堀ちえみさん(53)は先月12日のブログにこんなことを記しています。「お酒が飲めた時は、飲み会も多かったのですが、あまり好きではなかった。(中略)私は飲んだら顔に火がついたみたいに、真っ赤になっていました」と。

 なぜそんな報告をしたかというと、主治医に飲酒と食道がんの関係について教わったのがキッカケ。

 そう、食道がんは飲酒の影響がとても強いがんなのです。

■日本人の45%に関係する国民的体質

 アルコールが体内で分解されてできるアセトアルデヒドには、発がん性があります。これを無害な酢酸に分解するのが、2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事