Dr.中川 がんサバイバーの知恵

堀ちえみさんもブログに 赤ら顔の人は食道がんリスク95倍

歌手・タレントの堀ちえみさん(C)日刊ゲンダイ

 この酵素の遺伝子には正常型と欠損型があり、両親からともに欠損型を受け継いだ「完全欠損型」は日本人の約5%。まったく飲めないので、発がんの心配はありませんが、問題はどちらか一方が欠損型の「部分欠損型」です。

 日本人の45%は部分欠損型で、“そこそこ飲める”タイプ。いわゆる赤ら顔の人です。堀さんも恐らくこのタイプなのでしょう。

 部分欠損型がお酒を大量に飲み続けると、飲まない人に比べて食道がんのリスクは10倍に上昇。特に日本酒換算で3合以上飲み、さらに喫煙すると30倍にハネ上がるといわれます。中には95倍になるという報告もあるほどです。私もお酒が好きですが、がんの専門医として赤ら顔で深酒を続ける人を見ると、心配になります。

 飲み始めたころは顔が赤くなっていたのに、それほど赤くならなくなってきたという人もいるでしょう。もともとの体質は、分解酵素の活性が低く、お酒に弱いのですが、飲酒が習慣化し、アルコール代謝を繰り返しているうちに酵素の活性が少しずつ高くなることがあるため、そういう人もいるのです。

2 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事