医療情報の正しい読み方

自然に治る病気に対する薬の効果を検討するのは簡単ではない

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 前回紹介した論文結果で「オセルタミビル」(タミフル)の効果はたかだか1日早く治すくらいに過ぎないという結果を聞いて、そんな小さな効果しかないのかと驚かれた方が多いかもしれません。しかし、そのような小さな効果しかないからこそ、プラセボを使ったランダム化比較試験を行わなければ、きちんと評価することはできないのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事