緊急企画 新型コロナを正しく恐れる

目からうつるは本当か? 中国では眼科医がバタバタ倒れる

中国・武漢の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の患者の対応にあたる医療従事者(C)新華社=共同

 新型コロナウイルスの新たな感染経路として目の粘膜が注目されている。新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の震源地となった中国・武漢で眼科医が相次いで新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなっているからだ。

 いちはやく新型肺炎へ警鐘を鳴らし、先月7日に新型肺炎で亡くなった中国人医師も眼科医で、同じ病院に勤務する眼科医が今月3日、9日に新型肺炎で亡くなった。

 中国の眼科医のグループは、結膜炎の患者の治療に当たる際はゴーグルを使うなど、十分に予防策を取るよう呼び掛けている。

 日本眼科学会認定専門医で「清澤眼科医院」(東京・南砂)の清澤源弘院長が言う。

「ウイルスが結膜を通して感染することはあります。例えば、夏にはやる、咽頭結膜熱(プール熱)や流行性角結膜炎はアデノウイルスと呼ばれるウイルスの感染が原因となる病気です」

1 / 3 ページ

関連記事