緊急企画 新型コロナを正しく恐れる

目からうつるは本当か? 中国では眼科医がバタバタ倒れる

中国・武漢の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の患者の対応にあたる医療従事者(C)新華社=共同

 主に結膜炎、のどの痛み、発熱。結膜炎で充血や目の痛み、かゆみ、目やに、まぶしくなって涙が止まらないなどの症状が起こる。

「中国の情報を考えれば、新型コロナウイルスの体内侵入経路としても結膜を考えるのは当然だと思います。新型コロナウイルスはウイルス表面にある王冠様のスパイクが、ヒト細胞の表面にあるACE2受容体と結合することでヒトの細胞内に侵入。細胞を乗っ取り、増殖していきます。ACE2受容体は上気道以外に心臓や腎臓などに存在することがわかっていますが、気道の線毛などの生体防御機能が維持されている人では肺までウイルスが侵入しにくく、新型肺炎は発症しにくいと考えられていました。角膜や結膜の眼表面にこのACE2受容体があるかどうかはわかりませんが、中国の武漢へ調査に入りマスクはしていたが新型肺炎に罹患した中国人医師は、肺炎発症前の数日間、目の充血を経験したことから、目がウイルスを含む飛沫に暴露したのではないかと考えていたそうです。感染性を有する飛沫や体液は、結膜上皮に簡単に付着すると考えられるからです」

2 / 3 ページ

関連記事