医者も知らない医学の新常識

豊富なカリウムが有効?バナナで脳卒中が予防できるのか

バナナにはカリウムが多く含まれている(C)日刊ゲンダイ

 脳卒中はこれだけ医療が進歩していても、麻痺などの後遺症が残ることもある怖い病気です。脳卒中を予防する方法は何かあるのでしょうか? 

 血圧を正常に保つことなどの他に、信頼のおける研究で一定のデータがあるもののひとつが、カリウムを多く取ることです。カリウムは野菜や果物などに多く含まれるミネラルで、バナナに多いことでも有名です。その極端な不足は不整脈などの原因となります。カリウムを多く取ると腎臓から塩分(ナトリウム)が排泄されるので、塩分制限に近い効果があり、血圧を下げることにも有効です。

 それでは、カリウムは血圧を下げることで脳卒中を予防しているのでしょうか? 2014年の脳卒中の専門誌に掲載された論文によると、中高年の女性9万人以上を10年以上調査した結果、脳卒中全体のリスクはカリウムを多く取る人で12%低下していました。更に高血圧のない人では、動脈硬化によって起こる虚血性脳梗塞というタイプの脳卒中のリスクが、より多く27%も低下していたのです。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事