専門医が教える パンツの中の秘密

「尿道・膀胱異物」は頻尿や膀胱結石をもたらす危険な行為

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「この世にあるもので、膀胱(ぼうこう)の中にないものはない」――。私が医学生だった頃、東大の有名な泌尿器科の先生から拝聴した言葉です。どういうことかというと、それだけ人は尿道から何でも物を入れてしまうということです。尿道から物を入れて取り出せなくなった状態を「尿道異物」や「膀胱異物」と呼びます。

 どうして尿道に物を入れてしまうのでしょうか。その原因で最も多いのが自慰(尿道オナニー)や性戯で、誤って中に入れてしまうのです。女性の場合は、男性パートナーが入れて遊んでいるうちに取れなくなることが多いようです。尿道・膀胱異物で受診する患者さんは珍しいことではありませんので、それだけ尿道オナニーをする人が一定数いるということでしょう。

 異物の種類は本当にさまざまです。糸類、体温計、鉛筆、針、ヘアピン、箸、綿棒、植物(ワラや茎など)、ストロー、コード類、ゴム製品、シリコーン製品、ロウ製品など。入りそうな物は何でも入れてしまうのです。アダルトグッズの中には「尿道ブジー」と呼ばれる尿道オナニー用のグッズがあります。実は尿道ブジーは、もともとは金属製の棒状の医療器具なのです。どんなときに使われるのかといいますと、尿道外傷、尿道炎、手術後などで尿道が硬く針穴のように狭くなる「尿道狭窄(きょうさく)」を起こしたときです。

1 / 2 ページ

関連記事