進化する糖尿病治療法

血糖コントロールが悪い人は脱水傾向 こまめな水分補給を

コーヒーや紅茶、お茶ではなく、水の方がいい(C)日刊ゲンダイ

 新型コロナウイルスに対して糖尿病患者が気を付けることについて、日本糖尿病学会では「一般的な衛生対策に加えて、不要不急の外出を避けることや人混みを避けること」とホームページで紹介しています。

 新型コロナウイルスにかかった時、心疾患や呼吸器疾患と並び、糖尿病も重症化する可能性がありますが、新しい情報が次々に出てくることを見ると、断定はできません。ただ、糖尿病の患者さんは、そうでない方と比べて免疫力が低いということは言えます。それは、糖尿病になると細菌を殺す白血球の働きが悪くなり、抗体をつくるリンパ球の働きも悪くなるので、免疫システムが低下するからです。

 また、毛細血管での血液の流れが悪くなって酸素や栄養が十分に行き渡らず、細胞の働きが低下。免疫に関係する白血球も感染部位に到達しづらくなり、抵抗力が低下します。結果、感染症の発症や悪化が見られやすくなるのです。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事