愉快な“病人”たち

走れなくなって…Jリーガー畑尾大翔語る慢性肺血栓塞栓症

畑尾大翔さん(C)日刊ゲンダイ

「3割ぐらいの確率で死んでいてもおかしくなかったんだよ、キミ」

 肺に水がたまっていることが分かって「即入院」と告げられ、「いや、リーグ戦中なので今チームを離れたくない」と言ったとき、医師にそう言われました。

 大学4年生、キャプテンとして臨んだ関東大学サッカーリーグ戦の最中でした。

 その数カ月前から練習中に息が上がり、咳が止まらない症状は始まっていました。胸が痛いので「肋骨が折れたのかな」と整形外科でレントゲンを撮ったりしていたんです。

 もちろん骨に異常はありませんでしたが、コンディションが悪いままリーグ戦に入ると、自分がマッチアップしていた相手選手にマークを外され決勝点を献上……。思うように走れない体にショックを受け、やっと内科を受診しました。

 すると、肺には600㏄もの水がたまっていて、肺の3分の1が潰れていたのです。入院すると、結核を疑われて3日間隔離されたり、10日間にわたってレントゲン、CT、血液、痰、気管支鏡検査、寄生虫検査までやりました。でも原因がわからず確定診断がつかないまま退院となったのです。

1 / 6 ページ

関連記事