医者も知らない医学の新常識

結核の予防ワクチンBCGが新型コロナウイルスを撃退する?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 BCGというのは、結核の予防ワクチンで、日本では剣山のような器具を使って、はんこのように皮膚に注射する方法が独自に開発されて使用されています。その目的は小児の結核の予防のためで、0歳のうちに接種することが公費接種として、原則全てのお子さんに行われているのです。ただ、BCGワクチンの免疫は、大人の結核予防には不十分なため、海外ではあまり接種はされていないワクチンでした。

 ところが、最近このBCGが世界的に注目を集めています。実はBCGワクチンには結核ばかりではなく、他の多くの感染症を予防するような働きがあり、それが今流行している新型コロナウイルス感染症に対しても、有効なのではないかといわれているのです。

 病原体から体を守る機能を免疫といいますが、免疫には自然免疫といって、相手にかかわらず敵を攻撃するような仕組みと、獲得免疫といって、一度感染した病原体に対して、体が後からつくる仕組みがあります。2018年の「セル」という一流の科学誌に掲載された論文によると、BCGを接種することにより、自然免疫が鍛えられて活性化することが示されたのです。この結果を受けて今ヨーロッパでは、医療従事者にBCGを打って、新型コロナウイルス感染の発症や重症化の予防が可能かの、臨床試験が開始されています。BCGが新型コロナウイルスの救世主になるかもしれません。

1 / 6 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事