Dr.中川 がんサバイバーの知恵

菅原文太もS・ジョブズも ピンピンころりとがんで死にたい

スティーブ・ジョブズ(左)と菅原文太(C)共同通信社

 新型コロナウイルスの感染者は、8割が軽症、あるいは無症状で済む一方、2割は重症化するといわれます。怖いのは、発症から亡くなるまでのスピードがとても速いこと。その恐ろしさは、コメディアンの志村けんさん(享年70)の訃報で強く思い知らされました。

「入院中の対面が許されず、感染予防のため火葬場にも行けなかった」とは、志村さんの兄・知之さんの言葉。新型コロナで亡くなると、死に水を取ることさえかなわない可能性があるということです。

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条によると、家族が一類、二類、三類または新型インフルエンザ等で亡くなった場合、遺体の移動の制限・禁止、火葬の原則、24時間以内の火葬が定められています。分かりやすくいうと、自宅に連れて帰れず、病院から直接、火葬場に向かうため、家族や友人と最後の時間を過ごすこともできないのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事