Dr.中川 がんサバイバーの知恵

免疫力低下は本当か 岡江久美子さん急死の2つの可能性

夫の大和田獏は「残念で信じがたい」とコメント(C)日刊ゲンダイ

 女優の岡江久美子さん(享年63)が新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。今月3日に発熱。自宅で様子を見ていたところ、6日朝に容体が急変し、緊急入院。人工呼吸器を装着し、PCR検査で陽性と判明したそうです。

 気になるのはこれまでの経過。所属事務所は、昨年末に初期の乳がんで手術を受けていて、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けていたと発表しました。放射線治療医として見逃せないのは、その後のくだり。放射線による免疫力の低下が重症化した原因ではないかという部分です。

■白血球は背骨で作られる

 詳しい経過が分からないので個人的推量の範囲ですが、一般的に言って乳がんの手術後の放射線治療で免疫力が大きく下がることはまずありません。免疫を担う白血球は、骨髄で作られます。どこの骨かといえば、成人の場合は背骨が中心ですが、乳がんの放射線治療では胸骨や肋骨への照射はあっても、背骨への被曝はまれなのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事