Dr.中川 がんサバイバーの知恵

免疫力低下は本当か 岡江久美子さん急死の2つの可能性

夫の大和田獏は「残念で信じがたい」とコメント(C)日刊ゲンダイ

 では、発熱から3週間あまりでの急変は、何が原因か。可能性は大きく2つあると思います。

 ひとつは、放射線による肺炎です。岡江さんのような乳がんの手術後の照射では、乳房に照射します。なるべく正常な部位を外すように綿密な計画を立てますが、それでも肺に当たるリスクがあり、まれですが、肺炎を起こすことがあるのです。晩期障害といわれて、照射後数カ月以降に見られるものでその頻度も1~2%に過ぎません。

 放射線肺炎のときに新型コロナに感染すれば、重症化の恐れがあるかもしれません。が、今回のケースでは照射後2カ月しか経過していないため、正直可能性は高いとはいえないと思います。

 もうひとつは、抗がん剤の可能性です。岡江さんが抗がん剤治療を受けていたかどうか分からないので、あくまでも一般論としてお話しします。

2 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事