進化する糖尿病治療法

ラグビー流大選手を見習いたい 時間がある今料理を始めよう

外食したくても出来ないなら…(C)日刊ゲンダイ

 先日、新聞で紹介されていたのが、ラグビー選手、流大さん(サントリーサンゴリアス所属)の料理の写真。本来、トップリーグのシーズン真っ最中ですが、3月23日に中止になり、チームの練習もなくなったため、これまで経験がほとんどなかった料理を始めたという内容でした。

 流選手のツイッターを見ると、確かに「家にいることが多いので27歳にして料理はじめました」とありました。アップされた写真は、千切り野菜のサラダやタコとワカメの酢の物、牛丼、納豆パスタ、ひじきの煮物、ちくわと野菜の炒め物など。

 スポーツ選手だけあって、タンパク質源の肉や魚、ビタミン、ミネラルが取れるたっぷりの野菜、食物繊維が豊富な海藻類など一食にさまざまな栄養素の食材が並んでいて、彩りもカラフルです。新聞には「食生活を見直すきっかけになる」とありましたが、外出自粛などで増えた自宅で過ごす時間を利用して、ぜひ読者のみなさんも料理や運動の習慣を身につけてもらいたいと思います。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事